toggle
2020-12-02

池永 陽著『珈琲屋の人々』〜熟成する一冊〜料理仕立てのパン

ある事件で人を殺めてしまった過去を持つ行介。

行介は東京の商店街で珈琲屋を営む。

過去の十字架を背負った行介の店に通う人々。

人生の光と影。心の中に潜む愛憎、喪失感。

そして恋心が熱い珈琲と共に香りたつ。

LINEで送る
Pocket

関連記事