toggle
2020-12-02

森沢明夫著『ヒカルの卵』〜スタートする一冊〜朝食のパン

根拠のない自信って素晴らしい。

鶏卵家の村田二郎が卵かけご飯専門店で村おこしを始めた。

なんと食事代は無料。

二郎は限界集落で奇跡を起こす賭けに出る。

文章を咀嚼する度に卵ごはんの口になる。

パン好きの僕のお腹を刺激するほど美味しい物語。

LINEで送る
Pocket

関連記事