toggle
2020-12-02

栗田有起著『卵町』〜熟成する一冊〜料理仕立てのパン

母の死をもって彼女が過ごしたという卵町に訪れるサナ。

その理由は母の願いを叶えるためである。

卵町は何かに覆われたような

硬質な悲しみと軟質な優しさを兼ね備える特別な場所。

サナは卵町で母の過去を辿り、想像もしなかった秘密を知ることになる。

大切なひとを想い、

会いたくなるやさしい物語。

LINEで送る
Pocket

関連記事