toggle
2020-12-02

有川 浩著『県庁おもてなし課』〜ビタミンな一冊〜ランチのパン

新部署への配属を命ぜられた掛水史貴。

そこは「おもてなし課」であった。掛水は地方活性化のための企画を立案。

そして地元出身の作家である吉門に観光大使を依頼することに。

しかしことごとく却下され、

振り回されながらも地元に誘客するために奮闘する。

LINEで送る
Pocket

関連記事