toggle
2020-12-02

恩田陸著『夜のピクニック』〜スタートする一冊〜朝食のパン

80キロの道のりを歩き通す高校生活最後のイベント「歩行祭」。

走馬灯のように駆け巡る思い出、

将来の夢を語りながら長い道のりを歩き続ける生徒たち。

三年間ずっと胸に秘めたある思いとの結着を決め、歩行祭にのぞむ甲田貴子。

読了というゴールと共に心に押し寄せる感謝の気持ち。

LINEで送る
Pocket

関連記事