toggle
2020-12-02

宮下奈都著『羊と鋼の森』〜熟成する一冊〜料理仕立てのパン

高校生の外村はピアノの調律師の板鳥と出会う。

板鳥の調律に心を動かされ、卒業後音楽店に就職し調律師になる。

外村は先輩や双子の姉妹との関わりの中で調律と人生の奥深さを学んでいく。

静寂の中に響く、張り詰めるような文体。

力強い意志を持った美しい旋律が深い森へと誘う。

LINEで送る
Pocket

関連記事