toggle
2020-12-02

宮下奈都著『おしまいのデート』〜カラフルな一冊〜スイーツなパン

おしまい。

全ての出来事をリセットするかのような響き。

そこには始まりがあり、この小説にはあたたかさが溢れている。

両親の離婚後、父の代わりに祖父と会う彗子。

母の再婚で終わりを迎えるデート。

そして、たまらなく食欲を刺激する「ランクアップ丼」など。

心をほんわかさせる5つのデート。

LINEで送る
Pocket

関連記事