toggle
2020-12-01

中島京子著『ハブテトル ハブテトラン』〜ビタミンな一冊〜ランチのパン

毎年、田舎のおばあちゃんに会いに行った。

読み進めると幼き頃の思い出が走馬灯のように駆け巡り主人公と重なり合う。

1学期を広島の小学校に通うことになった小学5年生の大輔。

備後弁の快活でユニークな友人達との出会い。

ある想いを確かめるために自転車に乗り小さな冒険が始まる。

しまなみ海道を走り抜けた先にあるものとは何か。

LINEで送る
Pocket

関連記事