toggle
2018-08-25

★2018.8.9(木) 阪神百貨店 梅田 ファンミーティングvol.8「パンワールド もっと知りたい!食パンの魅力」を開催★

2018.8.9(木) 阪神百貨店 梅田本店ファンミーティングvol.8「パンワールド もっと知りたい!食パンの魅力」が開催されました。

~阪神梅田本店 ストアコンセプト~㈱阪急阪神百貨店 松下様

コンセプトは「毎日がしあわせになる百貨店」

食べることの幸せ。

若々しく、美しく、健康であることのしあわせ。

自分らしい豊かさを手に入れるしあわせ。

新しい阪神百貨店のストアコンセプトを語る松下様の言葉。お客様が肩の力を程よく抜いて気軽に立ち寄れる雰囲気であり続ける事。そして、一人一人の日常に寄り添った存在こそが阪神百貨店であるという力強い言葉が印象的だった。

~ウワサのベーカリーに会える「パンワールド」~㈱阪急阪神百貨店 植松様

人気の食パンを集めた食パンセレクトショップが登場したのが2018年6月。約2か月が経過してもパン売り場の勢いが留まる兆しはない。1週間あたり約30種類のベーカリーから毎日約15種類が並び、ハード系、惣菜パン、スイーツ系などバラエティ豊富なラインアップが好評。食パンのラインアップに注目が集まっており、お客様に選ぶ楽しさ、おいしさの提供を行っていると語った。

~パンのある生活を楽しむために~パンヲカタル 浅香正和

参加者のみなさんと共に食パンの味わい方やのテイスティングを実践。まずは「見る・触る」「香りを嗅ぐ」の3段階に切り分けてパンの全体像をとらえる。そして「味わう」ことで自分のパンのおいしさと照らし合わせながらパンの奥深さを掘り下げました。

5種類の食パンを試食しながら、おいしさの可視化を目的としたマトリックスを作成では、それぞれのおいしさを探る参加者のみなさんの真剣な眼差し。そして思わず溢れ出す「おいしい」や「私はこれが好き」。みなさんと同じテーブルを囲み、おいしくて楽しい時間を過ごすことが出来ました。

それぞれの食パンの特徴を捉えた後、バルミューダのトースターを使用して、各自でバターやジャムなどをトッピング。参加者のみなさんのおいしい食べ方やおすすめのパン屋さんなどをお聞きすることも出来ました。

好評いただいているパンヲカタルのおすすめ「自宅で試しやすいトッピング」では、「桃と生ハムのスパイス仕立て」をご提案をさせて頂きました。

ご協力いただいたパン屋さん

①兵庫「ブーランジュリーグルマン」様 (チーズハード)

②兵庫「ブーランジェリー メゾンムラタ」様 (食パン ホワイト)  

③兵庫「ブーランジェリーレコルト」様  (湯種山食パン) 

④大阪「アッチャルポーネ」様 (食パン)

⑤大阪「ベッカライペルケオ」様 (ドイツパン専門店のトーストブロート)

ご参加いただきましたみなさん。㈱阪急阪神百貨店様、アジャイルメディア・ネットワーク株式会社様、ご協力いただきましたパン屋さんに心より感謝申し上げます。

阪神梅田本店ホームページ

https://www.hanshin-dept.jp/

LINEで送る
Pocket

関連記事