toggle
2018-06-03

~枚方市 天の川保育園「親子でパン作り」を開催しました~

2018.5.26(土)枚方市 天の川保育園にて、pica picaくらぶ「親子でパン作り」を開催しました。

当日は卒園児さん親子を含め多数のご参加があり、キャンセル待ちも出ていたそうです。日頃、親子でパンを作る機会がない。子育てが忙しくて時間がない。パンを作ったことがないという親子の方々も参加して下さいました。

子ども達が来園する前に準備で、先生たちにパン生地を捏ねるお手伝いをして頂きました。パン生地を触るのが初めての先生もいらっしゃいました。なかなかまとまらないパン生地に悪戦苦闘しながらも、少しずつ生地がまとまってくると喜びの歓声が上がりました。大人も楽しめる教室になったようですね。ご協力ありがとうございました。

かわいい子ども達が教室に加わり、親子パン教室がスタート。子ども達が初めましての自己紹介をしてくれました。元気いっぱいで名前を教えてくれる子どもたち。やや恥ずかしくてうつむきながらも、しっかりとあいさつしてくれる子どもたち。「パンが大好き?」という僕の問いかけに、みんなで「大好き!」と元気な声で答えてくれました。

べたつくパン生地と格闘しながらも、器用に生地を捏ねてまとめる子ども達。小さな手を精一杯に広げて生地を押したり引いたりします。日頃、粘土やなどで培っているのでしょうか、パン生地を上手に丸めていきます。これには本当に感心しました。子ども達だけで出来ないところは親子で協力して作業を進めていきます。生地を触りながら会話が交わされ、同じ目線でパンを作るという共通のゴールに向かって進んでいきます。その姿を隣で見ているとほのぼのとした気持ちになりました。

パンが焼き上がるまでの間、先生が「からすのパンやさん」を読んで下さいました。絵本のページが進み、パンが焼けるまでの待ち遠しい時間が過ぎていきます。絵本の中に登場するパンを見ながら子ども達の気持ちも高まっているように見えました。

香ばしい香りと共に教室に運ばれてきたあんパンとまるパン。それを見た子どもから歓声が上がりました。「おいしそう!」。そして、教室に拍手が沸き起こりました。絵本の中に出てくるようなこんがりと焼けた熱々のパン。先生の手作りのあんこをたっぷりと包んだあんパンをおいしそうに頬張る姿。まるパンにチョコペンで楽しそうなお絵かきをする子どもたちの笑顔に感動しました。パンでつながり、笑顔になる感動的な時間を過ごさせて頂きました。来年もたくさんの笑顔と出会えますように。

「よい子ネット 天の川保育園」に、当日の様子が掲載されています。

http://osaka.yoiko-net.jp/yoikonet/user/2005/blog/showCategory.do?blogCategoryId=622

 

設置者: 社会福祉法人 天の川会

園  長: 河原真理

住  所: 〒573-1192枚方市西禁野2-34-1

電  話: 0728481651

定  員: 160名

LINEで送る
Pocket

関連記事