toggle
2018-06-03

阪神梅田本店 第一期棟オープン記念「パンワールド」 ファンミーティングに登壇いたしました

2018.6.1(金) 阪神梅田本店 第一期棟オープンを記念して、「パンワールド」ファンミーティングが開催され、パンヲカタル 浅香正和も登壇させていただきました。

~阪神梅田本店 ストアコンセプト~㈱阪神百貨店 鈴木様

コンセプトは「毎日がしあわせになる百貨店」

食べることの幸せ。

若々しく、美しく、健康であることのしあわせ。

自分らしい豊かさを手に入れるしあわせ。

何気なく通り過ぎていく日々の暮らしを当然であるかのように繰り返す。自分自身を磨き、感度を上げると充実感の発見に辿り着く。鈴木さんの言葉から、生活の中の小さなしあわせの気づきを与える場所として、さらに進化する阪神百貨店への期待感は高まる。

~ウワサのベーカリーに会える「パンワールド」~㈱阪神百貨店 辻畑様

人気の食パンを集めた食パンセレクトショップが登場。1週間あたり約30種類のベーカリーから毎日約15種類が並ぶ。その他にもハード系、惣菜パン、スイーツ系などバラエティ豊富なラインアップへの自信に満ち溢れた言葉がありました。

~パンのある生活を楽しむために~パンヲカタル 浅香正和

テーマ“今すぐ役立つ食パンのお話”では、食パン選び方のお話をいたしました。おいしさの基準を持ち、丁寧に作られたパン。そして自分にあったパンをセレクトする。相性ぴったりのパンとの出会いには感動にも似た喜びがあります。

食パンの味わい方では、パンのテイスティングについてのお話。食べる前にする「見る・触る」「香りを嗅ぐ」ことでパンの全体像をとらえる。そして「味わう」ことで自分の中に芽生えたパンの素晴らしさに気づき、おいしさを可視化していく。

食パンの分析では、5種類の食パンを試食しながらマトリックスとPOP作成を行いました。参加者のみなさんの真剣な眼差しと美味しい笑顔が溢れていました。

フリータイムでは、バルミューダのトースターを使用して、各自でバターやジャムなどのトッピングで楽しみました。また、パンヲカタルのおすすめ「自宅で試しやすいトッピング」もご提案をさせて頂きました。イベント会場内の隅々まで香ばしいパンの香りが広がっていました。

ご協力いただいたパン屋さん

①大阪「パン士郎」様 (本食ぱん角型)

②大阪「フェルディナンド」様 (パン・ド・ミー)

③神戸「BAKERY89 」様 (プレミアム湯種オリーブオイル食パン)

④京都「ブーランジェ・ジュリコのお店」(もち米粉入り食パン)

⑤京都「ブーランジュリ ロワゾ-・ブルー」(SPELTルヴァン天然酵母食パン)

今回、ご参加いただきましたみなさん。貴重な機会を与えて頂きました㈱阪神百貨店様、アジャイルメディア・ネットワーク株式会社様、パン屋さんに心より感謝申し上げます。

阪神梅田本店ホームページ

https://www.hanshin-dept.jp/

LINEで送る
Pocket

関連記事