toggle
2018-04-15

NHK文化センター京都教室主催 「京都おいしいパン散歩」を開催しました~

2018.4.14 NHK文化センター京都教室「京都おいしいパン散歩」を開催させていただきました。
定員の20名のところ、キャンセル待ちが出るほどでした。また遠方の神奈川、福井県からもご参加いただきました。
天候は雨の予報を覆して、心地よい晴天の1日となりました。

 

一軒目にお伺いした「雨の日も風の日も」様では、美しいパンに囲まれながら、小島シェフのお話をお聞きしました。
パンへの想いを熱く語る小島シェフの一つ一つの言葉に真剣に耳を傾ける参加者の方々の姿がとても印象的でした。
小島シェフの流行りを追うのではなく、自分の信じるパンを創り続ける。
手間ひまを惜しまないパン作りへの愛情と情熱溢れるお言葉に感動しました。
 
 
 
 
 
二軒目の「コネルヤ」様に到着すると、スタッフの方々の素敵な笑顔がお出迎えして下さいました。
ハード系から菓子パンまでバラエティーに富んだパンが、参加者の皆様のトレーに並んでいきました。
内山シェフからは「隣の方が喜んで下さるパンを作りたい」というと言葉がありました。
コネルヤ様が地域の方々を大切にして、地域の方々から愛されるパン屋さんであることを実感するお言葉でした。
 
 
 
 
三軒目は「ファイブラン」様へお伺いしました。
厨房から焼きたてのパンが次々と運ばれ、思わず手が伸びました。
シェル型のクリームパンのパティシエールの可愛らしさ。
そして国産小麦のバゲットなど力強いハード系のパンも多く並びます。
三軒目にもかかわらず、店内には参加者の皆様のパンを見つめる素敵な笑顔がありました。
 
 
 
 
そして、パン屋さん巡りを終え、NHK文化センターの教室に戻り、パン屋さん巡り、パンの楽しみ方、食パンの試食による美味しさの発見についての講義をさせていただきました。
 
今回の「京都おいしいパン散歩」の開催目的は、パン屋さん巡りの経験が少ない方々の背中を押したい。
そして、終了時には参加者の皆様が「パンでつながり、笑顔になる」事でした。
日頃、お聞きする事の出来ない貴重なシェフのパン作りへの想い。
そして、パンヲカタル 浅香正和と、シェフ自らもおすすめパンをご紹介いただきました。
本日の「京都おいしいパン散歩」での体験を生かして、参加者の皆様が、もっとパンを楽しみ、もっとパンを好きになって下さる事を願っております。
 
 
 
参加者の皆様、ご協力いただきましたシェフ、スタッフの皆様、ありがとうございました。
また、このような機会を与えて下さったNHK文化センター様に心より感謝申し上げます。
 
 
「NHK文化センター京都教室 ホームページ」
 
LINEで送る
Pocket

関連記事