toggle
2017-09-11

2017.10.21(土) パネポルチーニ パンで乾杯!新麦収穫祭 大阪編を開催

「パンで乾杯! 新麦収穫祭」、京都編に続き、大阪開催が決定しました。北海道小麦解禁日に合わせて、小麦収穫のお祝いをします。当日は、新麦パンと共にパネポルチー二の焼き立てパン約8種類が食べ放題になります。千林大宮「グロワール」のパンもお楽しみいただけます。

・日時:2017年10月21日(土)開場12時45分  開始13時 終了14時半
・場所:タヴェルナ・パネポルチー二
・住所:〒553-0003 大阪市福島区福島5-10-19
・TEL:06-6451-3700
・最寄駅:JR東西線新福島駅1番出口
・定員:40人(定員に達した場合はキャンセル待ちとなります)
・料金:3500円(1ドリンク付き)追加は、1ドリンクにつき500円
   ※参加費は当日レジにてお支払いください。
・申し込み:事前予約制
(お名前・メールアドレスまたは電話番号・参加人数をご記入ください)
・お問い合わせ
 メール(info@panwokataru.net
 パンヲカタルFacebookページのメッセージでも受け付けます。
・主催:パンヲカタル、パネポルチーニ、グロワール
 
〜「新麦コレクション」とは〜
その年にとれた小麦をすみやかに製粉し、挽きたてのまま味わうプロジェクトです。知ってほしいのは、小麦が自然の恵みだということ。小麦農家、製粉会社、流通業者、パン屋、食べる人…みんな小麦というバトンを受け渡すチーム。黄金色に染まった小麦畑のうつくしさ、自然の恵みを収穫することの感動を通じて、みんなが出会い、語り合う。そのときパンもお菓子も麺ももっとおいしくなります。「新麦コレクション」が目指すのは、「おいしくて安全な小麦があふれる未来」です。
 
〜パンヲカタルからのメッセージ〜
 
パンヲカタルの想い「パンでつながり、笑顔になる」。北海道産小麦使用の「新麦パン」を食べながら笑顔のひと時を過ごしませんか。ボージョレ・ヌーボーをイメージしてパンで乾杯しましょう。本来、製パン用小麦には熟成期間(エージング)が必要なのですが、より風味を感じて頂けるのが新麦です。製パン性は劣ると言われていますが、それよりも麦が収穫されたことを祝い、生産者やパン屋さん、そして消費者同士がつながることの意味合いが、このイベントには含まれています。より小麦を身近に感じることができる一日になるでしょう。
 
〜大阪市福島区「パネポルチーニ」〜
大阪 福島の裏路地にある隠れ家的なお店の前には、常に行列が出来る。塩フォカッチャ、もちパン、食事系まで、バラエティー豊富なラインアップを揃える。焼き立てにこだわりを持つ大人気のパン屋さんである。
 
〜大阪市旭区大宮「パン屋のグロワール」〜
大阪 千林商店街にある地元に愛されるパン屋さん。懐かしさにホッとするパンには世代を超えたファンも多い。看板商品のデニッシュ食パンの「パン・ド・グロワール」は、百貨店に並ぶほどの逸品である。
LINEで送る
Pocket

関連記事