toggle
2016-05-07

森沢明夫著「東京タワーが消えるまで」  ビタミンな一冊~ランチのパン~

森沢明夫著「東京タワーが消えるまで」

伝える手段は無数にある時代に、伝えられない想いが無数に存在する。
スマイル・ミュージックを率いる社長 佐倉すみれ。
彼女の想いは「誰かを笑顔にするために」である。
ロックバンドDEEP SEAの音楽の虜になり、全身全霊で彼らを一流に育てようとしていた。

しかし、予期せぬ突然の決別が訪れることになる。
絶望の淵に立たされたすみれの前に現れたひとすじの光。
天性の歌声とカリスマ性を備えた天才ヴォーカリスト 沢田ハルト。
そして、天使のような少女ミッチーとの出会いであった。
ハルトのデビューのサポートをきっかけにすみれ自身も新たな気持ちで再スタートを決意する。
プロモーション活動で街中を必死に駆け抜ける怒涛の日々。
その忙しさが引き起こす恋人である亮とのすれ違い。

ひたむきに夢に向かい走り続けるすみれを応援する仲間の熱き友情。
遠く離れた両親の不器用で真っ直ぐな愛の深さに胸の奥がギュッと掴まれる。
ページをめくる指先と心の中に、しあわせのメロディーが弾む。

2015.11.25読了

LINEで送る
Pocket

関連記事