toggle
2016-04-29

BRED STYLE SOPRANO(ブレッドスタイルソプラノ)

BRED STYLE SOPRANO(ブレッドスタイルソプラノ)外観

週に3日間しか営業しないベーカリーである。
週末の営業日をターゲットに宮田シェフの独創的なパンを求めて、たくさんの人が訪れる。

店内には、バゲットやハード系のパンはもちろん新鮮な旬の食材の組み合わせた惣菜パンが並ぶ。
フランス産小麦を使用したバゲットは秀逸の逸品である。
長時間じっくりと冷蔵熟成発酵させることにより、小麦のうまみをぎゅっと凝縮されている。
惣菜パンのアイデアには驚かせられる人が多いであろう。

宮田シェフは素材選びには全力で想いを注ぐ。
地元である寝屋川の食材だけでなく、和歌山にまで足をのばして「わざわざ」の新しいおいしさのエッセンス取り入れている。
斬新な食材の組み合わせを重ねていく宮田シェフの目線の先には、確実に「おいしさのゴール」がはっきりと見えているのだと思う。
一見斬新に見える素材の味が重なり合った瞬間に、想像をはるかに超える驚きと感動のパンが完成しているからである。

また、花のように美しい「季節のデニッシュ」は絶品である。
旬のフルーツも宮田シェフの手にかかると一層光り輝いて見える。
美しいという言葉が自然に溢れてくる。
見た目の美しさを感じながら、口にほおばると瑞々しさで、目と頭と心が一気に潤う。

宮田シェフは、第二回ベーカリージャパンカップ菓子パン部門第4位の実力を持つことでも有名である。
このことからも「菓子パン」という領域でも「おもしろさの追求」には予断がないことがわかる。
和の素材である「もち」をセレクトしたパンなど既成概念がなく、自由な発想とアプローチにファンが多いのだと思う。

宮田シェフは「パン屋でありながら、パン屋ではない」ではないと思うときがある。
「進化せずに生き残れることはない」という宮田シェフの言葉に、僕の心は大きくが揺れた記憶がある。
そしてこの言葉が宮田シェフの活動そのものだと知った。

独創的なパンを作ることでの他店との違いを打ち出す事だけでなく、地元の方々への貢献を常に考えている。
その中には小学校での食育やパン教室がある。
また、企業とのコラボや低糖パンを病院へ提供をしている。

宮田シェフは「アーティスト」である。
宮田シェフの魅力は創り出すのはパンの面白さだけでなく、宮田シェフの人生のそのものであり、進化し続ける姿に美しささえ感じてしまう。
これからも、宮田シェフの目線に先を探ることで、パンの将来を模索していきたいと思う。
僕自身も宮田シェフの想像をカタチに変えていく姿に魅了される人のひとりである。

 

BRED STYLE SOPRANO(ブレッドスタイルソプラノ)
〒572-0837
大阪府寝屋川市早子町9-11
TEL:072-824-7067
定休日:月曜日~木曜日
BRED STYLE SOPRANO(ブレッドスタイルソプラノ)ホームページ

大阪府寝屋川市早子町9-11

 

LINEで送る
Pocket

関連記事